<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
HO-CADでDXF読込時の縮尺のこと
HO-CADでDXF読込時の縮尺について

HO-CADでDXFデータを読込した場合に、JWWと縮尺や用紙サイズが異なってしまいます。
DXF読込みは、用紙サイズや縮尺が元々のDXFにありませんので、読込みする際のデフォルトの用紙サイズを基準に無理やり縮尺を計算して読込みしています。HO-CADでも、DXF読込みした際の用紙サイズが重要となります。

Jw-winもこのことは多分一緒の処理をしているのですが、建築用図面を意識したjwwの場合は、DXFデータ読込み時のデフォルトとなる用紙サイズがA1サイズ当たりになっていたと思います。

 しかし、HO-CADの場合は、用紙サイズのデフォルト値は、前回HO-CAD終了時の用紙サイズだったと思います。(レジストリから用紙サイズを読込していたはずです。)つまり、この用紙サイズを基準に計算しているみたいです。

 AutoCADでは、図形は全て原寸で管理しているので、HO-CADでDXF読込み時はDXF上の最大となる座標から、選択されている用紙に収まるように縮尺値を計算して、読込みします、こんな事から、本来扱わない縮尺がdxf読込み時のみ受付するようになっていますし、更に、用紙サイズをdxf読込み前に変更しておくと、その用紙サイズは、無視されるのが、ho-cadで、jwwは、用紙サイズを設定した値に合わせて読込みしているようです。
 
 DXFは便利ですが扱いが、難しいですね。。




| - | comments(0) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
| - | - | -