<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
HO-CADでDRA CADデータを扱うには。
 DRA-CADは、JWC読込をサポートしていたはずですが、DRA-CAD自体を持っていない場合にDRA-CADのデータ形式でデータを渡された場合に、HO-CADでは、そのデータを直接読込することは出来ません。ですので、データ変換用のコンバータソフトを入手して対応するのが、今のところ、最善の対策です。

 DRA-CADは、DOS版から幾つものバージョンアップと、Windowsに対応する為に幾つかの
保存形式を持っています。それぞれのデータ形式を読込/保存は、一つのコンバータソフトでは、出来ないので、複数のコンバータソフトを介する必要があります。構造システムのDOFCONV.exeを入手する事で、DRA-CADの各バージョン間のデータ変換とdwg,dxfの変換
に対応出来ます。

 このDOFCONVで、DRA-CADのデータをMPP形式に保存出来れば、MOOK2によって、JWCに変換する事が可能となります。

 しかし、本来は、DRA-CADには、JWC読込・書出しできるフリーツールが公開されているのでDRA-CAD側でjwc形式に変換してもらう方が良いようですね。DRA CADは対応の幅が広い便利なソフトですね。


| - | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
| - | - | -